« 巨大ガボチャって食えるの? | メイン | 碧の軌跡やらVitaやら »

2011年10月06日

そろそろ暖房の季節

今年は震災の影響で「灯油系暖房」が人気とのこと。

エアコンとか電気式のものは1時間あたり15円。石油ストーブだと24円、ファンヒーターだと28円ぐらいらしい。
やっぱり電気は安い。電気バイクとかキロあたりの電気代だけ考えたら、ガソリンと比べるのがバカらしいくらい安いし。

でも石油ストーブもいいところがあります。
・電気より温まる
 やっぱり燃えてるってのが強いですね。
・上にやかん、なべをのせられる
 やかんでお湯を沸かせたり蒸気で加湿できたり、なべを温めたり熱燗ができるのがいいです。

自室でこのレベルのやつ使ってます。
だけど、自室はミニハウスで壁は薄いし10畳あるので、自分に向けすぐ近くに置いても寒い。

で、同じ大きさくらいのファンヒーター

石油ストーブのように「やかん、なべをのせられる」ってのはないけど、同レベルの石油ストーブより断然温まるっていうのがありますね。
以前このタイプの使ってたけど、壁の薄い10畳のミニハウスでもかなり暖まる。

しかし壊れやすい気がします。去年、古くなったファンヒーターの点火がうまくいかなくなって放置しています。
エアコンは毎年出力が弱くなるけど、ファンヒーターは点火しなくなったら全く使えないからなー。
まあ5年以上は使ったので充分もとはとれてるので買い換えろっていうのもあるかもしれません。

その点、石油ストーブの芯式のやつは点火系がうまくいかなくなっても最悪チャッカマンで点ければなんとかなりますからね。それからするとかなり長持ちするかも。

小さい石油ストーブでも芯を出せば暖まると思うけど、そうすると芯が短くなるのが早くなり寿命に影響するから、適切に金網全体を赤くするのがコツです。

さて、石油ストーブだと自分の近くしか暖まらないので出力不足はいなめないし、どうしようかなー?と思っています。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2011年10月06日 01:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1861

コメント

コメントしてください




保存しますか?