2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020年07月11日

[なんでも日記]道路がコロナでかなり空いている感じ

梅雨の土曜日の夕方って事にしても、道路がコロナでかなり空いている感じ。

アフターコロナで慣れたにしても、本当に地元の人が生活のために買い出しするぐらいなんじゃと思う。

特に旅行関連の自動車やトラックが激減した感じ。
トラックなんかは休日の外出が控えられているので、物流は平日ぐらいで事足りるのかもしれない。

こういった事から、自分が考える「もうダメかも分からんね」な業界。

1.長時間居座るところ
・飲み屋
 喋るし食べる時はどうしてもマスクを外さなきゃならない。最悪。飲み屋はバタバタ潰れるんじゃないかな?
・ライブ会場
 狭いし、声を出すからマスクから漏れ出そう。娯楽だし必要って事でもないから、熱心なファン以外はかなり厳しい。
・ジム
 上の2つよりマシと思うけど、呼吸が多くなるからね。

2.色々なところ行く
・旅行
 有名観光地とか不特定多数の人が来るわけで、何をすき好んでエンカウンターするんだよ?って事。

ニッチなものだったり、人気のないものはバタバタ潰れるんじゃないかな?
人気があってもビニールカーテンやアルコール消毒とか最低限の対策、さらに何かうまいことやらないと厳しいんじゃないかな?

投稿者 verju : 19:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年07月10日

[イートレード日記]仮想通貨はあまり逆相関で無さそう

コロナの時に株価指数と同じで仮想通貨が落っこちたので、あまり逆相関で無さそうな印象。
その前は逆相関関係にあると言われてたんだけどね。

現在、ビットバンクの仮想通貨は、以下になってる
200710仮想通貨

ビットコインが中々大幅に1ビットコイン100万円を超えていかない。

仮想通貨は去年辺りから真面目にウォッチしてきているけど、相変わらず読めない。
ビットコイン半減期とか独自の要因があったり、それも緩やかな伸びで期待したほどでもなかった。
そんなこともあって、取引しないでいる。
だから吹くのを待つガチホ戦略が、やっぱり一番のように思っている。

投稿者 verju : 12:24 | コメント (2) | トラックバック (0)

2020年07月08日

[イートレード日記]日経平均が年末に向けて30,000を目指す理由

【資産運用】貯金は投資ではない

後でブログに書きたいと思いますが、日経平均は24,000ラインを長らく超えられませんが、年末には30,000になる可能性があると考えています。

以前ブログに書いた理由を話したいと思います。

流れとしては、お盆あたりが底または24,000あたりまでのレンジまたは緩やかな上昇となり、その後年末に向けて30,000を目指すと予想しています。

「日経平均が年末に向けて30,000を目指す」
自分としてもさすがに大風呂敷感が否めませんが、頭の片隅にでも入れて置かなければ「想定外」と全く追随ができない。
詳しく説明すると危険な内容も含まれるので、曖昧な物言いがあるのは勘弁して欲しい。

1.本当に生産性が下がっているのだろうか?
コロナによってロックダウンされたり危機的状況がささやかれているが、本当に生産性が下がっているのだろうか?
また、現在の人口が多い国上位と、これから人口増加率が多い国上位を調べ、考えてほしい。

2.類似
過去30年の日経平均株価

1986年後半から1988年を注目してもらいたい。

過去と現在とでは状況が異なり一概に比べるのはナンセンスなのだが、意識するものがあると無いとでは、違うのである。

3.コロナの脅威が無くなれば
早ければ9月にもコロナワクチンの見通しがたつという話もある。

新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

米製薬ファイザーが開発中のワクチンは9月にも米食品医薬品局(FDA)からの緊急使用許可を目指し、順調なら年末までに数百万回分を用意する計画だ。

あまりにも出来過ぎていると考える人より、抑圧から解放されたと単に喜ぶだけの人が多いのではないだろうか?

4.投資人口
今まで貯蓄をしなかった人はコロナにほとほと懲りて「蓄えをしよう」となり、9月以降からの情報に踊らされ「投資が儲かるらしいぞ?」となり「日銀がETFを買っているので安心だ」「みんなが買っているので安心だ」などと理由付け、浅はかな投資初心者からの資金が流入するかもしれない。

ざっくりと話した。

上記の項目1つずつについて、その後どうなるかを考えてみるのも面白いかもしれない。
ほとんどが当てはまるとなれば・・・単に個人の戯言なので、年末に気が向いたら振り返ってみようと思う。

投稿者 verju : 16:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年07月07日

[なんでも日記]ボルヴィックが20年末で終売とのこと

ミネラルウォーターが出たての頃はエビアンだったけど、硬水なので日本人の口に合わなかった。
それからボルヴィックが出て軟水なので飲みやすく、ほとんど取って代わった。
エビアンはブランドとして少し(今でも)残っていたが、自分は「エビアン臭い」と言って、ボルヴィックが出てからは好んで飲んだ記憶がある。

その後、日本の水源地によるミネラルウォーターが主流となり、そういえばあまり見なくなったのか?
良質な水源のある日本では、わざわざ外国から水を輸入しなくても自国で賄えるのだから、終売となるのは当然か。

投稿者 verju : 22:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年07月05日

[植物]野菜作り2020その2

防草シートを結構引き詰めたので、雑草が生えなくていい感じです
200705野菜畑

弱っていたのと、縛るのが遅くて、強風で1本ナスの先が折れてしまいました
1本ナスの先が折れた

でも、脇から葉が出ているので、大丈夫でしょう。

野菜は植えるのが遅かったので、実がなるのは8月下旬あたりなんじゃと思います。

投稿者 verju : 15:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年07月03日

[イートレード日記]【資産運用】貯金は基礎中の基礎

前回、【資産運用】として以下の記事を書きました。

【資産運用】貯金は投資ではない

これは「貯金が投資でないなら、ないがしろにして良い」という事ではありません。
むしろ「貯金をしよう」と言わなくても当たり前のようにできる。
資産構築する上で「貯金は基礎中の基礎」だったります。

昔は「投資を始めるにあたり、まずは100万円を貯金しよう」と良く言われました。
今は色々な金融商品が増え、投資を開始できる金額の敷居が下がっていますが、それでも私は100万円を目指して貯金を開始してみたら良いと思っています。
これは、以下に挙げるように、資産運用を開始する上での試金石と考えています。

・努力のボーダーライン
100万円、キリ番なので分かりやすく達成感があります。今後の資産構築に向けて自信がつくと思います。

「努力」という言葉を使いましたが、貯金できない人にとっては、貯金することは「辛いこと」「大変なこと」なんだと思います。
しかし、最初は辛かった事も「努力」して継続することにより自分のものとなる。
この基礎が出来ないのに、多かれ少なかれ努力を必要とする、今後の資産運用ができようか?って事ですね。

・軍資金
何を始めるにも元手がかかるのを理解しましょう。

自分はゲームが好きなので例えがゲームになるのですが、ドラクエで王様に
「世界を救ってくれ!・・・無料で。」
って言われたら
「はぁ?」
ってなるでしょう。

いや、ゲームじゃなくても、仕事を得るにしたって、まずは面接行くにも交通費が掛かったりするし、そもそも食つなぐまでの食費とか掛かったりする。

無料(またはわずかな資金)で物事をやってくれなんて、いかに虫のいい話か分かると思う。

ましてや、お金でお金を増やす資産運用を始めるにあたって、最低限の資金が必要なのは理解できるでしょう。

・工夫する能力
「100万円を貯金しよう」となったら収入の内いくらを貯金に回そうとか、無駄遣いをなくそうとか、色々工夫すると思います。
これは大事です。

そもそも収入が低いのであれば、収入自体を増やす方法(転職や副職)を考えるのも手です。
たまに「収入が高い人は、ズルい」とか「自分は貧乏だ(収入が低い)から100万円でなくていいよね?」という人がいますが、考え方が間違っています。

例えば「1,000円のラーメンを食べてレポートを書こう」となったら、収入が高い人であろうが低い人であろうが、等しく1,000円払ってラーメンを食べない事には話が始まらないと思います。

このことから「収入が低い人は、収入が高い人より多くの工夫が必要」というのを、心構えしなければならないと思います。

貯金は基礎と言えども、奥が深いですね。
でもこれが出来ていれば今後の資産運用を始める上での足掛かりとなります。
いきなり投資を始めるより、まずは貯金をお勧めします。

投稿者 verju : 18:54 | コメント (3) | トラックバック (0)

2020年07月01日

[資産状況]資産状況200701

資産状況200701
資産状況200701

やっとコロナ前の資産を超えた。

引き続き頑張ったのは、先物・オプション関連のトライオートETF(ナスダック3倍ETF)で、ナスダックはまさかの全戻し&高値更新。
「2番底はこない」という相場観がうまくいった格好。
だんだん金額が減っているのは利確して金を抜いているから。

次に狙っているのは、株価指数(日経225CFD)。
でも、すぐにでも来るってわけでもなく、お盆まで待っても良さそう。

外国株は配当性向高めて、少しずつ配当入ってきたので、地味に嬉しい。

FXの1/3の裁量については、利確してノーポジ。
差金決済取引はポートフォリオの割合があっても、ポジション有り無しで危険度が全く違うので、何だかなーって感じ。

投稿者 verju : 21:23 | コメント (0) | トラックバック (0)