2016年07月03日

週1で亀の水槽を掃除することにした

父が甕の中に亀を飼ってたのを、自分が世話をするようになってしばらく経つ。

「岩場に登って首をニューッと延ばしてるよ。」
とか
「話をしているとこっちを見て、話を聞いてるみたいよ。」
など、みんな結構気にかけて、そこそこ人気。

まったく気にしなかった甕の時に比べて、水槽だと楽しい。
また、朝に家を出る前、日課として亀の餌をくれるようになってしまった。

冬は冬眠していたのか、亀はほとんど動かなかったけど、暖かくなってきて岩場に登ったり、餌を良く食べる。

今までは週2で水槽を掃除してたけど、それだと気温が暑くなってきたので水がかなり濁ってしまうことから、今月から週1で掃除することにした。

そして水の蒸発が多くなってきたので、量も増やすことにした
水槽の亀

いい感じに育ってほしい。

投稿者 verju : 14:38 | コメント (0) | トラックバック

2016年04月09日

亀飼ってる

「ウチは猫がいるからこれ以上生き物増やすな!」
って言ったのに、父が世話してたカメ。

甕に亀を飼ってて「なにつまらないジョークなんだよ?」って感じだった。
そしたら案の定、体が衰えて世話できなくなったので、自分が世話することにした。

弟が昔使ってた熱帯魚の水槽を使うことにした。
本当はこの水槽を使って自分の好きな魚を飼おうとも考えていたんだけど。

やっぱり光の届かない甕の中じゃかわいそうだし、外から見えなくて何のために飼っていたのか意味わからなかったしね
水槽の亀

このごろは暖かくなってきたのでニョキっと首を伸ばして面白い。

投稿者 verju : 13:22 | コメント (0) | トラックバック

2014年03月29日

家のヌコ Part.14

もう2年ぶり、前回子猫だったのも大人になり、子供が増えて大変なことに。
今も身ごもっているのでまたさらに増える。

子猫にオッドアイの猫
オッドアイの猫

そんなのいるって知ってたけど、まさか家の猫になるなんてね。

投稿者 verju : 14:41 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月06日

家のヌコ Part.13

ウチのネコも代替わりしました。
今年だったか去年だったか、子猫でもらったのがもうけっこう大きくなりました
木陰で休むウチのヌコ達

暑くて木陰で休んでます。

10月だっていうのに窓全開に開けて30度オーバーとかどういうことよ?

前はブサ猫ばかりだったけど、かわいい顔したネコもらってこれたのでうれしいです。

投稿者 verju : 12:23 | コメント (0) | トラックバック

2011年09月11日

だらける猫

去年の猛暑よりマシとはいえ、昨日の暑さで猫はだらけてましたよ
チャボとか

なんか面白かったので写真撮りました。

投稿者 verju : 09:08 | コメント (0) | トラックバック

2011年03月18日

ウチのチャボが卵産んだ

ウチにはチャボ(にわとり)がいます
チャボとか

卵を産んで食料の足しになってます
チャボの産んだ卵

普段は悪くならないうちに食べるのが面倒と思ってたけど、今はちょっとありがたいです。

投稿者 verju : 08:04 | コメント (0) | トラックバック

2010年10月18日

初めてのフェレット

フェレットというペットを初めて知ったのは、スノースクートをやろうと友人宅へ行った時でした。
白いひょろひょろとしたかわいいペットでした。

しばらく可愛がってたら玄関のドアを開けっ放しだということに気づいて、フェレットさんが外に出ようとしました。
「はっ!危険が危ない!」

でもフェレットって初めてだから、どうやってだっこするのかさえ分からなくて。
ぎゅっとやると可哀相だからゆるく持つとスルスルとすり抜け、反対の手でつかむとスルスルとすり抜け、うなぎ掴み状態。

「玄関のドア閉めてーー。」
「お?ちょっと待ってろ?」
なんか友人はスクートの用意に手間取ってるみたいだけど、いや、そんなのどうでもいいから、はやくーー(笑)

実際は短い時間だったと思うけど、自分の感覚では結構長く感じました。そして友人が近くにきてるもの分からないほどウナギ掴みに真剣でした。もう泣きが入ろうとしたころ
「パタン」
ドアのところに行ってフェレットさん
「あ、あれ?おかしいな?」
とキョトンとした感じ。
このっ。カワイイやつめ。

フェレットのみず1ケース(24本)

フェレットのみず1ケース(24本)

価格:4,179円(税込、送料別)

フェレットを飼っている人は「お話出来ない」というところがちょっと寂しいみたいです。

その点ウチは猫で良かったと思いました。
しゃべりますからね(笑)

投稿者 verju : 23:20 | コメント (0) | トラックバック

2010年09月12日

ウチではチャボを飼っています

烏骨鶏(うこっけい)とか

白いニワトリは烏骨鶏(うこっけい)とか言っています。
他のチャボより高級らしいですが、正直良く分かりません。

カナダにホームスティしたとき
「ネコと鳥なんて面白い組み合わせだ。」
と言われました。
昔からいたので言われるまで気にもしませんでした。

ウチは役に立たないヤツはいらないので何の役に立つかと言えば卵を産むからですね。
朝、卵かけご飯とか野菜とか食べてたら「あれ?この朝食って全部、ウチで取れたヤツじゃね?」と思いました。
世紀末になってもある程度生きていけるかな?と思いました。

チャボはカワイイとかないですね。
世話も父がしていてほとんど接点が無いですし。

猫と鶏。これが今飼っている動物ですね。

投稿者 verju : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

2010年09月08日

家のヌコ Part.12

しましまだから、しま。
死んだように「しま」が寝ています
しま

この暑さで、のびているようです。

見て分かると思うけど、敷地内に放し飼いです。
ぶっちゃけ、どこに行くのも旅に出るのも自由です。

まあペットというよりは共同生活って感じですね。
自由に動けるのは訳あってというか、ウチには米倉があるのでそこのネズミを取るのが役目です。
ウチにはただ飯を食うだけの役に立たないヤツはいりません。
「働かざるもの食うべからず」です。(うぅ、耳が痛いです)

もちろんネズミを取るだけじゃ飢死してしまうので、毎日のご飯があって、たまにネズミを取ったら偉いぞって感じですね。(猫の餌に困らないほどネズミがいる米倉だったら大問題です)

こんな感じでのんびりしてる家のヌコを見ると、なんだかうらやましく感じるときがあります。

投稿者 verju : 04:26 | コメント (0) | トラックバック