« 安田純平さんの「韓国人です」がいかにクズだか分かる | メイン | 2018夏の期待アニメ »

2018年08月07日

婚活で男が奢る奢らないの話

この話って「男の甲斐性の無さ」の話であって、つくづく男は世知辛い。
逆のパターン(女を問題)とするのがほとんどないのも「女性は優遇されている」と感じる。

婚活で男が奢る奢らないの話として、裏でホテルのカフェと提携してるのか知れないけど、とある婚活会社ではお見合いの席をホテルのカフェでお願いしますとのことだった。
しかし、相場より高くコーヒー1杯1,500円する。

で、初めてのお見合いで男が
「ここじゃなくて近くのスタバにしましょう。」
最初女性は意味が分からなかったが「カフェ代ケチるなんて最低」と、このお見合いの話はなくなったらしい。

経済観念を持ち合わせてる堅実な男と見ることはできるが、いきなりこれでは女性が先行き思いやられるのも事実。

逆に女性が
「ここはちょっと高いですよね?あそこのスタバにしませんか?内緒ですよ?」
となると、これは惚れてしまうなぁ。
でもこんな女の甲斐性を持ってる人は、まずいないのが現状。

そもそも「頼る気満々」な人は嫌われる。

婚活で男が働いてないのはまずないが、働いてない女性が婚活してるのはざらにいる。
そんな女性はまあ御断り。
「結婚して女性が家に入れば結局同じなんじゃ?」と思うかもしれないが、働いて自分の生計を立ててる人とそうでない人では、今後の生活がどうなるかは想像できるだろう。

男は扶養するが、女性は何をやってくれるか?というところだよね。
男もそこいらへんはシビアに見ていて奢る奢らないにかかわらず「頼る気満々」な人は選ばれないのである。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2018年08月07日 10:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2467

コメント

コメントしてください




保存しますか?