« スクートは面白いぜ | メイン | デンジャラス県道 »

2002年12月29日

困難な深雪走行

奥只見丸山 2002-12-29 8:50 吹雪
今日は、吹雪いていた。
あまりの雪の量のため、一番下のリフトしか動いていない。
一緒に来た友達は、寒さと疲れのためすぐ休憩に入ったが、僕はぜんぜん疲れていないので、自分ひとりで滑ることにした。
普段と同じように、気にしないでちょっと急なコブ斜面を降りて行くと、フロントボードが雪にもぐっていってしまった。
今まで、こんな深雪を滑ったことがなかったので、"これは、深雪のすべり方を練習しないとだめだな"ということで、滑り方を考えてみた。
フロントボードに荷重をかけ過ぎてしまうと、雪にもぐってしまう。思ったよりもぜんぜん力を入れる必要がなく、ハンドルをつまむように、手を添えるだけの感じで、リアボードだけで操作するほうが良いようだ。
しかし、それでもコブを考えて滑らないで、くぼみにつっこむとフロントボードをとられてしまう。
ちょっと、積極的にコブを滑っていると
「うおー、すげー。」
とギャラリーの声。"そんなに大声で叫ばなくても"と思ったが、ちょっとうれしかった。
リフトに乗っているとき、下のボーダーを見ると、板を担いで山を登っていっている人たちがいた。
"うおー、気合入ってんな"と思って、"俺も行ってみようかな?"と思ったが、"みんなが待っているかな?"と思って今日は終わりにした。
結構、関東から遠いスキー場だったので交通の便はどうかと考えていたのだが、渋滞になってしまったためよくわからない。しかし、水上や湯沢より遠いので、そこより足を伸ばすメリットがあるかどうかだ。
頑張って遠いスキー場にきたので期待していたのだが、吹雪いていたこともあり、1コースしか滑れなかったのは、残念だった。
まあ、リフトは、1日券3800円と比較的安いのがちょっと救われた。それに雪質は、なかなかのスキー場のように思う。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2002年12月29日 02:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/17

コメント

コメントしてください




保存しますか?