« 困難な深雪走行 | メイン | 広い、志賀高原 »

2003年01月02日

デンジャラス県道

埼玉県幸手市某所 2003-01-02 5:20
目覚ましをぎりぎりまで遅らせてセットしたので、集合時間にちょっと遅れてしまった。
「ごめん、ごめん。」
ということで、ラリーの荷物を積み込む時に、スノースクートが発見される。
「うおー、でたよ!俺もほしかったんだよな。」
とラリーに大人気。
今回は、ターボのレガシィと俺のウィングロードで出発する。
ターボの後をなにげについていったら、ちょっと工事中なのかS字のコーナーに入った。
そしたら、横方向へスライド。地面がアイスバーンになっていた。
「うおー。ちょっとやばかった。」
「ターボ。後ろのことを考えてくれよ。同じスピードでつっこんじゃったよ。」
「ターボが曲がれるなら、こっちも曲がれるはず。」
などと始めのうちは、しゃれを言っていたが、高架橋で事故、また先を行くとエスティマが横転、それを見て
「やばい、やばい。ターボに遅れてもいいからゆっくりいこう。」
ということで、慎重運転。
コンビニによって、S字の話で盛り上がる。
そして、俺たちがコンビニから出るちょっと前に出発した女性が運転する車が"ちょっと勢いがあるかな?"って感じで気になった。
しばらく運転していると
「あれ、さっきの。」
「やっちまったか?なんか危ないと思っていたんだよな。」
まさに、"デンジャラス県道"と思った。

志賀高原 14:00 吹雪
あまりの吹雪のためと、時間もあまりないことから1コースだけ滑ることに。
結構、雪でふかふかしていたが、スノースクートの俺としては、なんのことはない。
調子に乗ってジャンプし、着地すると、ふかふかな雪は50センチくらいしずんだ。
「たのしー。」
そして、リフトが止まるまで、2時間くらい楽しんだ。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2003年01月02日 03:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/18

コメント

コメントしてください




保存しますか?