« 目のさいもう?を | メイン | いがやスノースクートクロス第3戦 »

2006年03月11日

スノースクートレース用ボードのセッティング

前大会でフロントボードが破損した原因についてはボード自体が古いということもあるが、フロントブッシュがハードになった為、それに耐えられなかったということもある。
今回は、レース用のボードなので耐久性の面では問題なくなったが、1点気になることがある。
以前のノーマルフロントボードは柔らかく、フロントをグリップさせリアを流すという自分のドリフトスタイルに合っていた。それがフロントボードもハードとなると、ハンドルの操作性(フロントボードのグリップ)が悪くなるのではないか?ということだ。
もちろんコーナーリングはハンドルの操作に頼らず、左右の傾きによるエッジングによる弾丸走行も良いのだが、トータルバランス的にハンドルの操作性も向上したい。
そこで俺の対策をレクチャーしようと思う。

まずは通常、フロントボードの取り付けとしては、取り付け面とボードが平行になるようにする。
フロントボードの接合面

すると地面に置いたときにはフロントボードが先端に向かって若干上向いて取り付けられるようになる(分かりやすいようにカードケースを挟んでいる)
地面に置いたフロントボード

そこで今回のセッティングとしては、フロントボードの進行方向のネジ(○印で示す)を締め付けることによって傾きをつけ、フロントボードのグリップをつけようとする試みだ。しかしこれは、やり過ぎるとブレーキとなってしまい、トップスピードに影響を与えるので注意が必要だ。
今回は通常より1-2mmほどのフロントボードが上向くようにセッティングして、大会に挑もうと思う。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2006年03月11日 15:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/448

コメント

コメントしてください




保存しますか?