« 高速のガソリンスタンドで | メイン | ロングに攻める、野沢温泉 »

2008年01月06日

一の瀬から各ゲレンデを

080104 10:04 一の瀬ダイヤモンド
一の瀬ダイヤモンド付近

大雪の、一の瀬ダイヤモンドを起点に各ゲレンデを回る。

一の瀬ファミリークワッドに乗ると、眼下に鳥居が見えた
一の瀬神社

中に小さな社があるので、旅の安全を祈る。

隠れ里的存在の寺子屋ゲレンデへ行く
寺子屋クワッド付近

なんか秘境に来たって感じがするぜ?風強いし、めちゃ寒。
080104terakoya.3gp(1.4MB)

「あ?お仲間がいるよ?」
女性の声がした。どうやらスノースクートのチームで来てるらしい。
が、俺はデータ通信に忙しかったので、どんな顔か見はしなかったがな?

東館山に抜ける林間コース、風が緩やかになって、シンシンと
080104higasitateyama.3gp(2.1MB)

東館山ゴンドラでの出来事。
考えず、そのまま真っ直ぐ入れようとしたら、警報機とそれを支えるパイプに引っかかる。係員に制され
「ちょっと試してみますから。」
と、スノースクートをリフトに入れてくれた。
志賀高原、なかなかサービスがいいな?

手順は以下のようにしてバッチリだぜ?
1.リフト乗車の下準備として、ハンドルを180度回転させる
2.フロントボードをリフトに真っ直ぐ進入
3.ハンドルを回し縦にしつつ(リフトのドアに引っかからないよう)、フレームを斜めに(リフトの対角線に)
4.リアボードをリフトに入れる
スノースクート、リフトinの図

その時から寒さと疲れがあったんだろうな?
ロングな直ドリをカマしてたら逆エッジ
「俺がこんなんにハマるかよ?」
と、とっさにコケ方は良かったんだが、オンボードカメラのステーを思いっきり蹴り上げる格好に
ぶち切れたナイロンロープ

まあ、先シーズンからジャンプに転倒にと良く耐えたよな?ゴムは今回から新しくしてたんで、潮時だな?

志賀高原でスノースクート滑走したゲレンデは以下の通り。
寺小屋、高天ヶ原、一の瀬
発哺ブナ平、東館山
ジャイアント、西館山

サンバレー、丸池、蓮池には行けなかったけど、乗り入れできるとこは滑走可なんじゃないかな?

滑走エリアを知りたいと思うので、経路は未編集でアップするぜ?
一の瀬経路

大きな画像は、これだぜ?

さて、宿は志賀高原から離れて湯田中だな?
湯田中温泉 まるか旅館

宿は、くたびれている。食事も豪華という程ではない
一の瀬経路

だが、1人旅には必要最低限の物があればいい。臭いとか嫌な気分にとかならなければ、それでOK。

温泉は歩いて40mほどに外湯がある
大湯

お湯は熱い。石鹸セットを宿で貸してくれるので悪くない。
宿の内湯は、それに比べるとぬるめ。看板を裏返すと男湯から女湯に変わるデンジャラスな仕様なので、ドキドキだぜ?

1人旅だとなんでも自分でやって、期待しないんだけど、荷物を持ってくれたりとか、出発を見送ってくれたりとか、ちょっとした心遣いがうれしいよな?

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2008年01月06日 14:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1127

コメント

コメントしてください




保存しますか?