« スノースクートブーツを購入予定 | メイン | BODY側の装備 »

2010年02月16日

代替の尾瀬戸倉

「し、しっまった!ヘルメットを忘れた。」
スノースクートの大会会場に向かう途中に気づいた。

すでに一般道を1時間ほど車で走っている。さすがに戻るには燃料代がもったいない。それに受付に間に合うかもきびしい。

幸い大会代金は当日支払い。ぶっちゃけドタキャンが可能なのだ。
なので予定変更。尾瀬戸倉へ向かう。

遠い大会会場から変更したので、現地にはOPEN前に着いた。
尾瀬戸倉入場ゲート

OPENを待ち、そして恒例の頂上からの「一気下り」を行う。

[雪風からのデータ通信]
・時刻データ
2010/02/14(Sun) 09:03

・位置データ
群馬県 SNOW PARK 尾瀬戸倉
緯度 36.853981 経度 139.252225(←リンクをクリックするとGoogle Mapが開きます。拡大すると面白い)

・写真データ
第6リフト(降)

・気象データ
天気:晴れ 風速:0.0m 気温:-2.7℃ 雪質:圧雪

・地形データ
尾瀬戸倉ルート

・トラックデータ(GARMIN)
100214ozetokura.trk(←リンク先のトラックデータをGARMIN GPSに読込むことで経路を表示できます)

・動画データ

2時間ほど滑り、寝ずに現地に向かった疲れも少しあるので車内で休息を取る。

起きて食堂でラーメンを食べた。おいしくはなかった。
食堂

子供用の遊戯施設もある。
子供用の遊戯施設

第2リフトBを少し降りた箇所の見晴らし。
第2リフトBを少し降りた箇所

スキーの大会なのか、どうやらスラロームコースが設置されているようだ。
スラロームスタート地点

2回目の休憩。
時刻13:39。気温が上がり入場ゲート付近の雪が融けている。気がめいる。
入場ゲート付近の雪融け

午後になると混雑してきた。
キッカーの何が嫌だって待つのが面倒くさい。
ロマンスCでキッカーやレールを途中割り込んだ動画。

リフトで相乗りしてきたヤツが話しかけてきた。
「これって何ですか?」
「GPSだ。」
「すごいですね!」
「あると便利だからな。」
それから頻りにオンボードカメラを気にしていた。俺のスノースクートはどこに行っても大人気だ。

話を聞くと、どうやら新潟は豪雪のようだ。群馬ではこんな状態なので期待できなかったのだが、ちょっと場所が違うだけで積雪が異なるみたいだ。朗報だ。
スノースクートに乗っていると興味を持つ人が話しかけてくるので、いろいろゲレンデ情報が分かるのもいい点だ。

大転倒を起こし、リシューコードが無くなっている。
リシューコード切断

雪風の雄姿。
雪風

時間も頃合なので帰る事にした。
最後に第5リフト降での1枚。
第5リフト(降)

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2010年02月16日 07:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1608

コメント

コメントしてください




保存しますか?