« この業界の人 Part.13 | メイン | 仕事PCはショップ製がいい »

2011年12月08日

おでかけ転送やってます

アナログから地デジ化となったので、今までのアナログ録画システムは使えなくなってしまいました。
なのでとりあえず家の人のブルーレイレコBDZ-AT900で、おでかけ転送しています。

最初microSDHCメモリーカードをメモリースティック PRO デュオアダプタをかましたやつでやってみたのだけど、おでかけ転送できませんでした。

おでかけ転送するには、純正のメモリースティック PRO デュオが安心です

アナログでの映像エンコード設定は以下でした。

解像度:320×240
ビデオコーディック:MPEG4 512kbps
30分番組およそ容量:128MB

PSPアナログ320×240

で、ブルーレイレコBDZ-AT900のおでかけ転送の映像エンコードは自動設定ですが、どうやら以下みたいです。

解像度:640×480
ビデオコーディック:AVC1000kbps
30分番組およそ容量:256MB

PSP地デジ640×480

まず最初見た印象は「めちゃくちゃキレイ」ということです。

アナログの場合は320×240をPSPの解像度に合わせ表示してるのでちょっとぼやけてます。
しかしBDZ-AT900でのおでかけ転送ファイルは、映像解像度がPSPの画面解像度を上回っているので、引き締まってる印象です。

おでかけ転送ファイルは録画時に作る設定です。
忙しい朝に手早くPSPに転送できます。

30分番組1つ1分、2つにすると4分と転送時間が出ましたので、ファイル数が多くなると転送に時間がかかるみたいです。

そして地味にいいのが適切にチャプター区切られてるのです
おでかけ転送ファイルはチャプター区切られてる
CMはRボタンでサクサク見れますぜ!

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2011年12月08日 00:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1894

コメント

コメントしてください




保存しますか?