« 理研・笹井副センター長が自殺と、マスコミはこぞって報道したわけだが | メイン | スタバラー?っていうの? »

2014年08月07日

「ハイスコアガール」の著作権騒ぎについて

アーケード全盛の昔懐かしいストーリーの「ハイスコアガール」
アニメ化もされるみたいで楽しみにしてたんだけど「いやこれ、版権的に大変なんじゃないの?」と思っていたが、思い切りこじれたみたい。

どうやらSNK以外のカプコン、バンナム、セガには許可を取ってたみたい。

カプコン、バンナム、セガ、この中で一番ちゃちいって言ったらSNKだけど、かといって反故していいわけじゃない。
自分の権利を主張するなら相手の権利も遵守しなきゃ。

今どきのコンシューマゲームは起動する時に「著作権をうんぬん」と画面表示されウザったいたらないんだけど、自ら破ってたらスクエニはこの表示できないよね。

アニメでもゲームでも「著作権!著作権!」と自らの権利の主張にはうるさいけど、相手の権利を軽んじた結果このようになった。

推測だけど、著作権侵害が発覚してもいきなり告訴というわけでは無く、事前に会社間で話し合いが取られたと思う。
そこでSNKは許可しなかったんじゃないかな?
でもスクエニ的には話がだいぶ進んでるし、ゲームの宣伝にもなるんだしと、パワハラ的に押し通そうとしたと。
昔だったらまかり通ったかもしれないけど、版権にうるさいこのご時世、版権部門にそんな古臭い考えの人がいたら命とりだろうね。
許可しないって言ったら許可しない。SNKは自分の権利を守っただけ。

一番したたかなのは、話題作りの自演だけど、お互いダメージ大きいし、どうだろう?

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2014年08月07日 00:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2172

コメント

コメントしてください




保存しますか?