« サーバの電源が壊れた | メイン | LinuxでYENTEN(円天)をマイニング »

2018年01月27日

電車内のBGMは断固反対

1.重要な放送を聞き逃す恐れがある
 放送で何が重要かって「降車駅」である。
 寝ていて何か放送があったら降車駅かどうか意識を集中させ聞き耳たてる。放送というか「なにか音が発したら」を条件反射にしている。それでさえ寝ているので聞き逃すこともままあり、寝ているのをわざわざ起きて降車駅を目視確認するのは大変面倒だったりする。それに混雑していたら人が邪魔で降車駅を目視確認できないこともある。
 森に木が埋もれるように、常に音を出し続けていたのでは無駄に意識を疲弊させ、放送を聞き逃すのは想像に難くない。

2.聞きたくもないものを取捨選択できない
 BGMの次はCMとか...聞きたくもない。
 飛行機のようにイアホンで提供するべきであるし、現状音楽が聴きたい人はすでにウォークマンを使ってる。
 動画は見なければいいが、音はそうはいかない。BGM車両だからと電車に乗らない訳にもいかないだろう。
 「みんなBGMでクラシックが好きだ」とするもの変だ。クラシックを聞かされ気分を害する人もいるかもしれない。
 不要な人にとって選択できないことが問題。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2018年01月27日 19:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2414

コメント

コメントしてください




保存しますか?