« 毒男に社交辞令は通じない Part.2 | メイン | もういい加減、動いてよ »

2006年07月07日

毒男に社交辞令は通じない Part.3

[バレンタイン編]
「バレンタイン」さすがの毒男も社交辞令と分かる。それでもあった、毒男のこんな迷走っぷり。

男どもがなにやら話している。どうやらバレンタインのお返しに、みんなでお金を集めて返すみたいだ。
その時「どーせ自分のお金だし、会社で決められたものだけじゃつまらないジャン?個人が思い思いのお返ししてもいいよね?なんか言われるかもしれないけど、断固それでやってみよー。女子も少ないことだし、まあ、ちょっとはいいのを買ってやるかなー?」と思っていました。

数日後、チーフがお金を集めにきました。
「自分個人で買って、お返ししようと思います。」
ちょっと困ったように
「いや、みんな集めてるんだからさ。」
やっぱり40過ぎの糞チーフ。ホント、融通が利かない。最初に決めたとおり断固、自分の考えを通しに行くぜ。
「だから、後で自分で渡すって言ってるじゃないですか?」
「そんなに言うんだったら、会社用は会社用で買ってさ、後で個人で渡せばいいじゃん。」
はぁ?自分からの贈り物なのに、「こっちは会社用」と「こっちは自分用」って2つに分けるわけ?バカらしい。「...もしかして、お金を払うのが嫌で、ちょろまかされると思っているのかね?ふざけんなよ?オレがそんなセコイまねするかよ?見くびんな!」そう思って反論しようとした時、こんな考えが浮かんできた。
「なにマジになって意固地になってんだよ?は?もしかして女子のこと好きなんかよ?バーカ!お前なんか好きになる訳ねぇだろ?」と、そんな思惑はサラサラなかったのに、もしかしてそう思っているんじゃないか?と、急に恥ずかしくなってきた。
万が一、チーフからそのような言葉が出たら終わりなので、
「分かりました」
と、あっけなく引き下がりました。

チーフが先のようなことを考えているかもしれないので「それは違う、違うんだ!」とマジに言い訳しようとしたけど、そう思ってなかったらドツボだし、あー「ウダウダ言いやがって。最初から金だしゃいいんだ」と思っているに違いないだろうな?とか、こんな些細なことも自分の考えを通せなかったなー?とか、なんか色々やるせない気分。
もちろん「自分用」とかアホらしいマネなんてやる気もないし「もー、定額だけ金渡すから勝手にやって?」って感じ。結局「社交辞令」を「社交辞令」として捉えてなかったということね。

ホワイトデー当日。チーフからプレゼントを受け取った新人が
「えっ、頂いていいんですか?」
と満面の笑み。かわいかったなー。


***毒男に社交辞令は通じない***

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2006年07月07日 00:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/560

コメント

コメントしてください




保存しますか?