« 電車での出来事 Part.1 | メイン | スノースクーター、イケルぜ? »

2008年01月27日

新型機のテスト

080126 11:43 グランデコ
第3クワッド付近

激化するJAMとの戦いに対するため、特殊戦 2番機 が配備された。
スノースクーター SS-3

スノースクーター SS-3
雪国迷彩仕様だ。

今回は、1番機の風速温度計(Xplorer2)および、多目的データ通信携帯端末(F905i)のバッテリー不備により、情報収集データが著しく少ない。

[定例の地形データ]

緯度 37.723361 経度 140.125467(←リンク先を拡大していくと、詳細位置が分かります)

第3クワッドから麓までの経路

しかし、新型機のテストが主目的であったため、1番機にほとんど乗らず、あまり影響はなかった。

スノースクートクロスに参戦し、万が一1番機に問題が発生したとしても、この2番機により参戦できないという状況が免れるのではないか?と思っている。

新型機のレビューは後にエントリーするとして、スクート乗りに向けてのゲレンデ情報を提供する。

このゲレンデは全リフトフード付きである。
乗車の注意点として、両端に乗った場合、フードと一緒に足置きが降りてくるので、それに引っかからないようハンドルを若干内側に曲げるのが得策だ。

そして、このゲレンデにはゴンドラもあるが、それのみスノースクートの乗車が不可となっている。(ゴンドラ手前に張り紙がしてある)
これはただ単に制限を加えている訳でなく、物理的にスノースクートがゴンドラに入らないためと思われる。
それにゴンドラ乗車優先権を販売してることもあって、乗ったとしても場所の取るスノースクートは、ゲレンデ側としても避けたいと思っているのだろう。
この問題は、多少時間は掛かるもののリフトを乗り継いで全コースを回れるので、特に重大な問題ではない。

しかしスノースクーター SS-3の場合、小型に折畳む事が出来るため、華麗にスルーすることが出来た。
乗車の際には「問題ありませんが、なにか?」という顔をするのが鉄則である。

以上でSS(スノースクート)軍へのレクチャーは終了とする。
皆の幸運を祈る。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2008年01月27日 17:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1146

コメント

お疲れさま~
2番機で、センター33を撃墜出来たのかい?

あっ、マジレスすると、シャレでもマスターズに2番機は勘弁してね。

つか、デコまで行く元気があるなら、栂池に行ってレポ入れて欲しかった・・・

投稿者 ミロ : 2008年01月28日 00:00

>シャレでもw

実際乗ってみると戦闘力は低い。
壊れてどうしょもなくなったときだけ、と考えている。

>栂池に行ってw

なんか栂池って遠いイメージがあるんだよね。
距離的にあまり変わらない口ぶりだから、行ってみるかな?
栂池には、いつかは行ってみたいと思ってたし。

投稿者 verju : 2008年01月28日 02:16

テッドクラフトのを持っているから、戦闘能力は把握しているつもりです
マスターズには‥ってのは、Kプロに対して失礼だと思うからってことです

栂池は昨日のイベントに行って来て欲しかったんで
白馬+15分位かな?
頑張ればマエケル本部からでも3時間コースかと
下道でもスイートスポッツ(笑)にハマれば5時間ちょいかな?


と、マヂレス

投稿者 ミロ : 2008年01月28日 16:46

コメントしてください




保存しますか?