« .hack//Link買いました | メイン | スノースクートでシャモニー Part.2 »

2010年03月09日

スノースクートでシャモニー

は?シャモニーってどこだよ?
フランス、モンブンランが連なる麓です。

・位置データ
フランス シャモニー
緯度 45.924131 経度 6.869442(←リンクをクリックするとGoogle Mapが開きます。拡大すると面白い)

・ウェイポイントデータ(GARMIN)
100306chamonix.wpt(←リンク先のトラックデータをGARMIN GPSに読込むことで地点を表示できます)

・写真データ
CROIX-BLANCHE裏口

さて、行き方はというと下記の旅行会社に頼みました。

エアブルー WSD - ヨーロッパスキー旅行企画・手配・コーディネイト

航空券・ホテル・送迎を手配してくれました。
1ヶ月前から手続きをし始めたんですが、もっと早めの方が良かったと思いました。
基本料金は、9日間28万ぐらいかな?まあ妥当な線かと思います。期間を延ばして半月ほど滞在することにしました。

しかしカナダに留学してたときはFAXで宿の予約とかしてた自分としては、今回エアブルーに手配してもらってから思ったんだけど

・ジュネーブまでの格安航空券を買う
海外ホテル予約|アップルワールドで宿を予約する
Altiバスに乗る

で行けたんじゃないのかなー?と思いました。
空港から現地シャモニーまで行くのがネックかな?と思ったけど、予約しなくても1時間ごとにバスが出ているらしいのでなんとかなるかと。
実際、空港で簡単にバス会社を見つけられました。

そしてスノースクートやるのにエアブルーの人は消極的でした。
「重量超過料金が1区間150ユーロ、全体で7万ぐらいかかってしまう。」
「現地の観光案内に聞いたらできるところは1箇所しかない。」
とか。
「えー?スノースクートはフランス発祥の地だぜ?アバウトな外人だからしれっとリフトに乗れるんじゃ?」と思ったけど、日本のスキー場みたいに「厳密にダメ」と言われた場合を考慮して保険をかけることにした。

どこのスキー場でも文句を言われない最小?のスノーギア、ファンスキー。
ファンスキー

それをスノースクートキャリーバックに入れて行きました。
スノースクート用バック

しかし、ファンスキーも持っていくと23kgとなってしまう。

荷物は20kg以内に収まれば何かと問題がなくてよいです。
今回オーストリア航空では1セットのスキー用品は無料という。
ここで正直にスクート(本当はスノーボードと言った)とスキーが入っていると言ったのがあだとなる。

スキー以外の荷物20kg以内だったら超過料金は発生しない感じ。
スキー用品を出して重量を量らせて欲しいと言われましが、さすがに一体型なので出すのはきついので、事前に重量を量っていたので伝えました。(量っておいて良かった)

27kg(全体の重さ、なぜか27Kgと言われた) - 8kg(スクートの重さ) - 2kg(スキー板&ブーツの重さ) = 17kg

と手荷物が20kg以下に収まったので無料になったのかな?と思う。(スクートとスキーで1セットとしてくれたらしい。中身は開けませんでしたので)

いずれにしてもスノーギアだけ(板とブーツ)の重さを量っておいたほうがいいです。

帰りは「スノーボード1セット」とか言おうと思います。そうすれば上記の計算で手荷物が無料になるはずです。

そういえばウィーンの乗換えで洗顔料が捨てられました。
なんとなく100gを超えるチューブはダメっぽいので機内持ち込み荷物にしないようにしましょう。

さて電装スノースクートで重要なコンセントですが、C型と思ったのですが差込が丸く奥まっています。
マルチタイプにして良かったー。けちってC型のみにしたらアウトでした。
差込が丸く奥まっているのでピンを伸ばしSE型にすると、とりあえず使うことができました。

ホテルはCROIX-BLANCHEです。
部屋に入るとバラ?の甘い香り。うーん、外国って感じ。
部屋のベット

さあ、これからシャモニーを満喫しようと思います。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2010年03月09日 01:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1619

コメント

コメントしてください




保存しますか?