« PSPが品薄らしい | メイン | 別の部屋のストーブに交換しました »

2011年01月16日

携帯後進国からきたiPhone

「携帯とパソコンどちらがネットの主権を握るか」そんなことを考えていた頃がありました。

大規模掲示板2ちゃんねるでは書き込みIDで携帯かパソコンか判別でき、それはもう、互いの批判はひどいものでした。

携帯では3行以上のエントリーは見にくいので「無駄に改行すんな、バカ」とか。
パソコンもウザがって「パソコンも買えない貧乏もしもし」とか。

パソコンがあるんだから、そもそもネットはパソコンが元だし「ネットはパソコンでやればいいんじゃね?」本来はそうなんだけど、日本は携帯が独自発展してしまったため通常のサイトを「携帯に対応する」そんな手間もあったりしました。

一方海外では
「携帯は通話で充分でしょ?は?携帯でネット?必要ないね。」
それを長らくやってきて、iPhoneで一気に携帯でネット接続してきたために、そういった面倒がないように思います。

Android携帯などパソコンに匹敵するほどの携帯が出てきて「携帯のパソコン化」が進みわざわざ携帯用にサイトを作らず、携帯もフルブラウザでパソコンと同じ表示ができる環境が整ってきました。

さて、iPhoneが最高のスマートフォンとしてもてはやされているが、はたしてそうでしょうか?

海外の3年ほど前の音楽プロモーションビデオを見たことがありますか?
一時期「ほーら、写真とか携帯で撮れちゃうだぜ?」みたいなのが頻発し、もう日本ではとっくに終わっている痛々しい写メールブームを連想させられました。
それほど海外の携帯は遅れてるんです。

フラッシュも表示できないし電子マネー機能も無い。そんなiPhoneケースにスイカを入れ「自動改札対応だ!」って悲しくないですか?

「日本の携帯は、世界的スタンダードでない」といっても、日本で使うなら日本に合わせた仕様で何が困るのでしょうか?
韓国製のスマートフォンGALAXY S。「徹底的にその国に向けてカスタマイズする」その姿勢で使いやすさがとてもウケ、売れています。

物を買う場合、必要機能を満たすものを買う。そうだと思うんだけど、ことマックに関してはキレイな外面に騙されてしまうようです。
同機能で安いものが他にある、さらには劣っていても買ってしまう。

しかしやっぱり使いづらくiPhoneをやめてしまった人を友人やネット等で多々聞きます。

以下の記事は「必要なものがマックと勘違いする典型例」だなぁと感じました。

iPhoneやめました

擁護するとこの人はITに携わっている人なので「iPhoneに手を出さざるを得ない」状況だったと思います。そしてブームに乗り記事を書きノルマはこなしたと。
そして下火になったところでやっぱり生活に密着する携帯は自分の使いやすいほうがいいと元に戻す。至極普通のことだと思います。

これで1つでもキラーコンテンツがあったら違ったと思います。
iPhoneでスティッカム(ライブ配信)を見れるアプリがあって、一時期それだけで欲しいと思いました。

やはり日本と海外では環境が違うんですよ?
海外で自販機で、買ったことありますか?日本みたいにこんな自販機のある国はありません。
電子マネーで自販機・コンビニ・駅などで。携帯1つでまかなえるのはとても便利です。
ちょっと郊外に行くと自販機ごと盗まれちゃう海外と、そんな国で出来た携帯は、日本において使いづらい部分があります。

自分はAndroid携帯のほうに魅力を感じます。
電子マネー・ワンセグ・ニコニコ動画やYoutubeの再生ができるIS03は、自分が満足できる初のスマートフォンです。

かといってもiPhoneも進化します。

海外でも非接触型決済(電子マネーの元のファリカの技術とか)の話し合いをしていて、近いうちにAndroidに標準で載るみたいです。
そうなればiPhoneも標準となった電子マネーを採用するかもしれない。
iPhoneでサポートされてないフラッシュ動画も、やっと遜色なく再生されるマシンパワーになってきており、解禁されても問題ないレベルに近づいている。
「無い無いサギ」のアップルには良くあることです。

遅れてる部分のあるiPhoneでも許容できるのであれば、買うのもいいと思う。
しかし便利になるつもりが不便になってしまっては本末転倒。
「自分に必要なものが何であるか?」よく考える必要がある。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2011年01月16日 03:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1569

コメント

コメントしてください




保存しますか?