« 例大祭8に行きました | メイン | 碧の軌跡 2011年9月29日発売! »

2011年05月12日

古いWindowsXPのライセンス認証できなくなってた

この時期、長期休暇に合わせてOSを入れなおしたりします。

どうしてかというと1つに
・長く使ってるとPCにゴミが増えて重くなる
っていうのがあります。

え?そのためにOSから入れなおしたりするか?と思うかもしれませんが、私の場合、家の人のパソコンのセキュリティ管理してるっていうのもあります。
だけど、家の人のPCの使い方には感知してません。だから、知らずにへんなリンク踏んで未知のスパイウェアとか入ってしまってるかもしれません。

もちろんアンチウィルスソフトはちゃんと入ってます

なのでアンチウィルスが感知していないスパイウェアが入ってるなんてまずありえませんが、世の中絶対はありえません。この前だってソニーが大規模情報流出しましたし。
そして、いちいちキャッシュとか消していくのは手間で、ならOSから入れなおしたほうが早いというか確実です。

あと
・アンチウィルスの更新期限が切れる
っていうのもあります。

今は「ウィルス定義更新無期限」っていうのもありますが、上記のこともあるためあえてしないというのもありますね。
まあライセンスは守ってるし、PCをクリーンに保つため定期的な強制力ともなっています。
アンチウィルスは1回更新するので2年ごと、OSから入れなおすのでそのサイクルで妥当かな?と思います。

そこで自分のPCから入れなおしたんですが、古いWindowsXPなのでライセンス認証できなくなってたんですよね。
2年前に買ったライセンス認証のないバイオPからOS入れなおしやってそれがすんなり出来たので「えぇ!まじかー?」って感じ。

XPはセキュリティ更新期限の2014年まで使おうと思ってたのに思いがけずWindows 7を買わなければならないことになったかーと思いました

【送料無料】Windows 7 Professional 通常版

【送料無料】Windows 7 Professional 通常版
価格:30,958円(税込、送料別)

でも新規パッケージ版3万とか高いんですよね。

そこでどうせ買うことだし多ライセンス購入で安く出来ないものか?と思い以下のリンクにあたりました。

意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する

そしてその記事の訂正部分

続・意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する~SA特典に関する訂正とQ&A

読んでみたらパッケージで買うよりは安いです。Windows 7のライセンス1つ欲しい人の場合でもお得。
しかしやり方はちょっと複雑。上記リンクで言ってるように個人のボリュームライセンス購入があまりない一因となってるようです。購入を検討してる人は、お得なパターンが人により異なるため熟読するようお願いします

-----
さて、ここからは熟読した人向けの筆者の戯言と認識してください
これってさ1つのキーで50台アクティベーションできるならWindows 7の1ライセンス7,000円とか販売してるのボッタクリじゃね?と思ってけど、さすがに企業がそんなことするわけないか。
そしてアクティベーションできるけど以下となってます。

1つのキーで複数(50台)のWindows 7を同時にアクティベーションできるようです。ただしこれはあくまでその回数分のアクティベーションが可能というだけでライセンス数が増えるわけではありません。実際に使用してよいのは所有しているライセンス数に限られます。

次に、ボリュームライセンス購入でめちゃ古いOSが使えるのいいよね。
ウチにはパッケージ版Windows98があるのでそれをアップグレード元OSにしようと思います。
そこでSA特典をつけるかどうかということ。
パッケージ版だからインストールするPCは決まってないじゃない?だからSA特典の

SA特典を付加しない場合には、必ずアップグレード元OSがセットアップされているPCに対してWindows 7をセットアップする必要があります。

これ、いらないんじゃないかな?と。
でもボリュームライセンス購入にあたり、なにかしらマシン固有の番号を提示しなくちゃならないならだめかーと思ったり。やはりSA特典の、マシンを限定せずOSを入れられるのは魅力。
それにWindows 7が使いたかったわけでなくXPのライセンス認証できなくなってるのが困ってるわけで、SA特典のWindows 7ダウングレード権を行使すればXPをそのまま使えると思うのでやっぱりSA必須かなーと思うわけです。

これで2ライセンス。ボリュームライセンス契約には「最低3ライセンス」必要だからDVD Playback Packを数合わせに購入するのもいいけど使わないのを買うのもなんだし、今後Windows 7は必要になってくると思うのでそれにしようかな。

ウチは管理の簡素化もありWindows XP Professionalに統一してたけど、ここにきてProfessionalにしといて良かった。

110520追記--
結局L + SA + DVD Playback Packとしてしまいました。キャンペーンだったので30,513円でした。
最終的にWindowsライセンスは3つは欲しいのでL + SA + L を2回に分けて購入すればいいかと思ったけど、割引きいてないからLが21,886円、SAが10,877円。足して32,763円。DVD Playback Pack余計に買ってるキャンペーン価格より高くなってしまう。

そして先行で現時点で使わないLの出費は痛いのでやめときました。家の人のために購入しようと思ったけど、将来プリインストールのパソコン買うとなればせっかくの先行買いのライセンス購入無駄だしね。

次に以前書いた文章で正確でない部分を以下に訂正します。

「SA特典のWindows 7ダウングレード権を行使すればXPをそのまま使える」と言ってますが、SA特典つけなくともダウングレード権はあるようです。(ダウングレード権はLについている)

「次に、ボリュームライセンス購入でめちゃ古いOSが使える」のくだりですが、ボリュームライセンス購入にあたり古いOSの存在確認をしませんでした。
つまり「ウチにはパッケージ版Windows98があるのでそれをアップグレード元OSにしよう」と言ってるけど、ぶっちゃけアップグレード元OSが存在しなくてもゴニョゴニョ。
あーこれが「実質フル版」と同じということか。自分が熟読してなかったよ。
これでOSなしの新規PCを買いやすくなったかも。アップグレード元OSの存在確認をしないなら、追加でOSライセンス(L)を購入するだけで(追加ライセンス購入は1ライセンスから可らしい)新規PCで使えるというわけね。

110521追記--
そもそもWindowsXPのライセンス認証できなくなったのは回数制限があるみたいです(パッケージ版は7回程度らしい)マシン構成が変わるだけでアクティベーション回数を食いつぶしてしまうとか良くあるらしい。
なので古いWindowsXPでアクティベーションできなくなったというのは勘違いで、電話連絡すれば(これが面倒くさそうであるが)再アクティベーション可能らしい。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2011年05月12日 01:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/1794

コメント

コメントしてください




保存しますか?