« お遍路朝鮮シール事件について | メイン | イーモバイルのSIMのみ得割やってみた »

2014年04月19日

HL-EL540のレビュー

以前使っていたキャットアイ(CAT EYE) ヘッドライトHL-EL510
ヘッドライトHL-EL510

単3電池4個使用で明るくて良かったのだが、構造上、ツメを差し込んで押し込みながら回すというフタの閉め方に、どうしてこんな作りにしたのか?と、素人ながら呆れるモデル。

案の定、ツメが折れてフタが閉まらなくなった人や、自分の場合ライトが分離してしまった。

そこで新しいモデルHL-EL540を購入
ヘッドライトHL-EL540

これはライト後部のフタを回して取って、本体カバーを押し出すタイプ。前より改善されてる。
また専用バッテリーチャージャー+充電池モデルもあって、ライト下部のACアダプタ口へ差し込みすれば充電できる仕組み。フタを取り外す必要が無いから、これで電池交換での破損および面倒が緩和されかなりいい。

個人的には携帯と同じマイクロUSBにすればいいのに。
バッテリーチャージャー付属モデルじゃなくても、ライト下部のACアダプタ口はある。
もしかしてPSPのACアダプタ使えないかな?と思ったが、差し込み口が奥まっている。ストレートじゃないので長さ足りなく使えなかった。

ライトは台形の配光でほぼ1車線照らせる感じ。前モデルと比べてかなり明るい。
ライトサイドの飾りと思ってた透明プラが自転車前輪サイドを微妙に照らす。

ある程度前方を照らさなくてはならないため、ライト台形が前輪上を照らすように設定してある。
まあそれで満足と言えば満足なのだが、ライト台形強烈なために、ライト本体から前輪までの明るさが欲しいと感じてしまった。

素人考えで透明プラをライト下部全体へ拡大するモデル作ればいいんじゃない?とか思った。

ライト本体は前モデルより大きくなった。
でもこの手のライトを選ぶ人は多少大きくなっても、明るい、壊れない、のを選ぶ人と思うので、問題ないと思う。

価格はアマゾンで4,481円でした。
バッテリーチャージャー付属モデルだともうちょっと高い5,518円

これだけの明るさなら夜自転車を乗る人にとって、満足のいくライトだと思う。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2014年04月19日 16:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2150

コメント

コメントしてください




保存しますか?