« NDZ損切りしてました | メイン | 外国のウィスキー買ってみました »

2015年02月08日

ドル円急騰に救われた格好

裁量でやってたドル円ですが、めちゃくちゃロングが多くなって保持したままジリ貧で厳しい期間が続いてました。
1/23あたりの118.8あたりで欲張らず決済しておけば良かったと思いました。

それが2/6急騰で、ある程度救われた格好です。
一時的な戻しで急落するかも?との不安から118.25あたりで全決済、今年の裁量-10万で済みました。今年+20万だったのが今回の決済でマイナスとなってしまい残念です。

やれやれの売りをしてしまったため、119.2と上昇したのを惜しいと思うところもあります。
しかし、FX裁量に500万も突っ込んでいたため、-100万オーバーの評価損が上記で済んだという安心感の方が大きいです。
退場にならなくて良かった。また相場はありますから。

今回の敗因を分析したいと思います
ドル円1日足150206

1.急騰の1/20で決済するべきでした
 しかし前回12/16からの戻しのイメージがあったことと。書籍「FXプロの定石」であった「2円上昇したら売り」というのを読んでいませんでした。

2.もみ合いを薄利で決済するべきでした
 これができなかったのが一番ダメだと思います。
 上値が切り下がっていき、欲をかき利を多く取ろうとの思いがあったため、決済のタイミングを失いました。
 2月第1週は耐えるしかないという、精神的に厳しい期間が続きました。

チャートの読みはあっていたと思います。
1/20からの下値は一定のような買い支えてる(下降三角形型)感はありますが、12/16、1/16での底より上にあることから下方トレンドのそれとは異なると思い、2月に入って多少下値が切り下がってることから下降ウエッジ型、収束すれば反転すると思っていました。

今回の反省からまたポジションを多く取ってしまわないよう、そそくさとFX口座残高は減らしてしまいました。
代わりに株の以下買いアラートが出たので、注文を出しました。

9001三菱重工業(株)

買付余力は贅沢にあるので、相場をしっかり読みチャンスがあればある程度FXに戻そうかとも思います。。
「休むも相場」もありかな?とも思います。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2015年02月08日 14:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2223

コメント

コメントしてください




保存しますか?