« ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションを見た | メイン | アーリーリタイアにいくら必要か? »

2015年08月22日

くりっく株365ないわぁ

日経平均は長いこと見てきたので、くりっく株365はまあできるのではないかと思っていた。

しかし6月末のギリシャ危機、7月上旬の中国株、そして今回のアメリカ株急落と3回大負けしてしまった。
計算してみると去年利益の70%が無くなった。払った税金も考慮するとさらに少なくなる。

今回は「もう負けられない」と20,500近辺の数はあるが20,000で少なからず押し目を入れ、かなりマージンを取ったつもり。
しかし「逆の目に行ったら、追証で耐えるとか無理」とか言っていたにも関わらず、20,000を底値と想定していたので「そろそろ反発するのでは?」との思いと損切りしたくないため、結局OCO注文を入れられなった。

19,500あたりになった時「これは中国の時の19,200、もしかすると19,000をつけるのもありうる」と思ったがNYがオープンして19,400で踏ん張っていたので「大丈夫かな?」と思っていた。

それが19,000割れ。追証を入れるつもりはなく気づいてみたら00:10付近でロスカットとなってた。追証を入れたとしてもさらに傷口を広げただけかもしれない。
まさか1,000以上も下げるなんてね。

今年前半の損を取り返そうと思ったが、ギリシャ危機から怒涛の負けこみ。
くりっく株365も先物と同じ部類と考えていて、長期的には上昇するとしても1時的な急落でロスカットが働いてしまう。現物と異なり1年待ってくれなんて出来ない。
損失を少なくするためのOCO注文であるが、買い付け余力があるのに損切り入りたくない、本当のところを言うと「もう負けられないと思ったのに負けを確定したくない」と反発に望みをかけていた。

ポートフォリオに対する割合も大きすぎたな。1割以上あったし。

これからは昔に立ち戻り現物メインでやろうと思う。
やるとしても急落とマスコミが騒ぎたて、資金の3%以下で買い付け余力2/3を残す、それを徹底させる。

どうも帳簿上のことなので軽く考えているところもあり、かなり痛い目をみたとして反省が必要と思ってる。
すぐに立ち戻ると学習が無いとも言えるので、しばらくはやらないかもしれない。

ホント資金が増えると負けが半端ねぇな。ハイリスク金融商品は初期のビクビクやった慎重さを思い出し、臨まなければならないと思った。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2015年08月22日 05:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2268

コメント

コメントしてください




保存しますか?