« 冬場のスケジュール | メイン | 色々と緑を終わりへ »

2020年12月05日

仮想通貨をマジで考えてみた

「長期で考えているから目先の価格に一喜一憂しない」そう思っていたけど「仮想通貨の未来」となると広がり過ぎるので、価格の面についてだけ、マジで考えてみた。

と言っても、具体的な価格じゃない。

良く「仮想通貨は読めない」と手を出さない人がいるけど、まさにチャート、過去しか見ない素人投資家は、そんな人が多い。
僕が良く見るユーチューバーがいるのだが、良く考えていそうで浅はか、大衆の心理をとても良く反映している。

オレ的ゲーム速報JIN FX投資部

「高くて買えない、またいつ落ちるか分からない」という。

仮想通貨バブルの頃は、素人がメイン。それがハメられて地の果てまで落とされた。
それが頭にあるから同じようにまた下落すると思い、手を出せないんだと思う。

しかし今は企業が投資、富裕層や機関投資家が続々と参入している。
昔とは状況が全然違うのである。
それなのにまた仮想通貨バブルと同じ価格まで下落するなんて、ナンセンスである。

つまり金持ちが参入してきたので、そう簡単にブレイクしない。
もしかすると高止まりするかもしれないと思ってる。

「高止まり」というと、ビットコインとすると今の200万の水準を来年も緩やかに上昇するようなイメージだが、そうであれば安心感はあるが、もしかすると「もう一段大きな山」になるかもしれない。
まさかで思うのが、2016年末から仮想通貨バブルの波が比率を変えて、今後起こるというイメージである。

つまりビットコインの価格の面からすると、もうすでに仕込んでる人は「今後の大幅な下値不安は小さいのでは?」と思う。

これは「去年の下値35万、または今年の下値46万を下回らないのでは?」というのであって「大幅な下落がない」ということではない。
例えば「もう一段大きな山」のイメージが、ビットコイン1,000万から100万まで下落したとしたら、下落幅は物凄いものがある。
しかし、下値は46万から切り下がっていない、そういうことを言いたいのである。

仮想通貨は今後どうなるか分からない。
しかし分からないと言えども、先見の明でチャレンジした人のみが、大きな果実を得るのである。

投稿者 verju : 2020年12月05日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/2883

コメント

個人的には仮想通貨(暗号資産)は読みやすいです。

結構チャートに素直なんじゃないかな?

ただし、ボラが大きいのでそれだけを観ている人は恐ろしくて売買できないと思うのです。

まあ、私的には現状、暗号通貨はビットコイン一択でいいと思っていますし、アルトコインは数年後には現在の時価総額の高い数銘柄は確実に入れ替わっていると思うので、リスクが高いのは否定しませんけどね。w

あとは個人的に税制問題が要で、これが改善されない限り個人が利益を出しても意味がないのですよね。

このことはすごく大きいと思います。

投稿者 フーテンどんぐり : 2020年12月06日 15:38

現在の仮想通貨時価総額Top10は以下になります。
1.Bitcoin 2.Ethereum 3.XRP 4.Tether 5.Litecoin 6.Bitcoin Cash 7.Chainlink 8.Cardano 9.Polkadot 10.Binance Coin
アルトコインの7.8.9.なんて「こんなのあったの?」って感じですw
これも数年後には結構入れ替わってるんだろうな・・・

税制が変わる頃は、お互い「やっとか!」と思う時期でしょうねw

投稿者 verju : 2020年12月06日 21:31

コメントしてください




保存しますか?