« 蕎麦を食いに行きました | メイン | 最近、興味深いブログを »

2006年06月04日

ブログのネタ書き用に

使っていたVmgEditorがバージョンアップしました。
携帯をメモ帳代わりにするために作ったものですが、そんなマニアックな使い方よりも「別れた彼氏のメールなんか、いつまでも携帯に入れておきたくない」とか「携帯を買い換えたので」といったように、パソコンに携帯メールを保存したのはいいものの、ある日「あの時の携帯メールを見てみたい」といった事が、一般的には遥に需要が多いわけです。

----------
VmgEditor 1.1

[変更点]
vmg形式のメールデータをtxtファイルに出力する機能を追加しました。出力したtxtファイルは、メモ帳などのテキストエディタにより見ることが出来ます。

[使い方]
1.下記のリンクからVmgEditor.jarをパソコンにダウンロードします。

VmgEditor.jar

2.これ以降は以前と一緒です。VmgEditor.jarを起動すると、メニューにFile - Convertが追加されています。Helpにも書いてありますが、ファイルダイアログで最初にvmgファイルを選択し、次に保存先のフォルダを選択すると、指定されたフォルダ配下にtxtファイル出力されます。

----------
動作確認はWindowsXP & SO505iSでしました。一応MacOS Xでも確認しました。でも、あとで述べますが色々とあります。
また、試してないので言わなかったのですがFOMAでも使えるかもしれません。(実は前のバージョンもFOMAに対応していたのです。BASE64変換しないで読み書きするだけですが。。。)

えーと、MacOS X(バージョン10.4.6)ですが、いつの間にかFAT16が読めなくなったみたいです。だからムーバ505以前の外部メモリのフォーマットはFAT16みたいなので、vmgファイルがMacに移せないみたいです。これじゃあ使い物になりません。(動作確認はVirtual PCを使ってMacに移したのですが、そんなの持っている人も限られるし、1個かますところも面倒です)
もしかすると、FOMAのファイルフォーマットはFAT32で、Macで読めたりするんですかね?だとすると「まだそんな古い携帯使っているのか?もう3G携帯へ買い替えだろう?」ってことなのかも知れません。

それにこのアプリ自体「過渡期の問題なのかなー?」と思います。
最近の携帯はマスストレージ対応していて、わざわざUSBカードリーダーなんて買う必要もないし、そもそも携帯が使い放題となれば携帯とパソコンの連携するためにこんなアプリなんて使わず、お手軽にメールすればいいわけです。
なのでソフトバンクには期待します。今の携帯の定額なんて、PC通信不可で6000円以上は当たり前です。
そこでソフトバンクが、音声&データ通信(もちろんPC利用可)で3000円代定額となれば、迷わず携帯を乗り換えると思います。

ブックマークに追加する 投稿者 verju : 2006年06月04日 16:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://verju.dip.jp/cgi-bin/mt/verju-mt-tb.cgi/529

コメント

あの、JavaVMが、
マイクロソフトから配布されなくなってしまい、
Javaのサイトも色々みましたが、見つからなかったのですが、
まだ配布している場所ってあるのでしょうか?

投稿者 海 : 2006年06月14日 00:46

書き方が悪くて申し訳ありません。
JavaVMって書いたから混乱したかもしれません。
確かマイクロソフトのJava実行環境がJavaVMって名前だと思ったけど、それにこだわる必要はなく、要はJavaが実行できれば良い訳です。

下記のサイトよりSunから提供されているJava実行環境、Java Runtime Environment(JRE)をインストールすると、Javaが実行できるはずです。
http://www.java.com/ja/

1.上記のサイトで"Download NOW!"をクリックしてください。
2.Windows (XPI インストール)の右にある"ダウンロード"をクリックすると自動ダウンロードインストールされます。
"手順"リンクに詳しい説明もあるので、見てみてください。

投稿者 verju : 2006年06月14日 21:41

コメントしてください




保存しますか?